函館観光の定番五稜郭公園観光とハセガワストアの元祖やきとり弁当を食す

世界中にある五稜郭と函館のみのハセガワストア

函館のど定番な観光スポット五稜郭を訪ねます。

この五稜郭ってのが、実は他にもあるって知ってました?

あるんですよ~同じような星形城塞。

日本では函館五稜郭の他、長野県佐久市の龍岡城五稜郭があります。

駐車場は行けばわかるよ、と思ったのが失敗でした。

五稜郭近くまで来たが駐車場の案内を見つけられずウロウロ。

ようやく駐車場を発見できたが、若干タイムロスでした。

よく調べときゃ良かったよ。

さてさて、駐車場から五稜郭のお堀沿いを歩いて入口に到着。

五稜郭堀

特別史跡五稜郭跡の石碑と案内板がある。

五稜郭タワーから全体を眺めたことはあるが、公園内は入ったことがない。

今回は五稜郭公園内に入ってみることにした。

一の橋を渡るとボート屋さんが目に入る。

二の橋を渡ってイザ入場。

平日なので人影は疎ら。

城塁などを眺めつつ進んでいく。

仮装姿を写真撮影してくれるお店をやり過ごすと、出ました函館奉行所!(復刻版)

函館奉行所

なかなか立派です。

奉行所内部も見たくなるのが人情。

入場料チャリンと支払い、靴はビニール袋へ入れて持ち込みます。

畳敷きの通路を進むと色々と説明書きがある。

大広間で記念撮影。

函館奉行所広間

広々とした美しい庭。

函館奉行所の庭

展示物が沢山ある。

世界の五稜郭を紹介したパネル。

世界のあちこちにこの手の星形城塞が散らばってるんですね。

世界の五稜郭

他にも沢山の展示物があるが、じっくり見ていると日が暮れるのでサラッと終了。

函館戦争関連のものが多い感じだった。

函館奉行所を出て公園内を少しウロつく。

函館奉行所脇の広場

本塁の上に上れる道を発見。

階段を上がると小路が続いている。

五稜郭タワーが見える。

そのまま進んでいくと少し開けたスペースを発見。

ここで弁当など食べると気持ちよさそう。

木々が並ぶ小路を下って見学終了。

五稜郭本塁から下る道

緑が溢れる素敵な公園でした。

しかし、地上からだと星形感が全くわからないですね。

全体像を眺めたいなら五稜郭タワーがベストでしょう。

五稜郭公園

函館名物元祖やきとり弁当はうまし!

見物してたら腹が減った。

函館のB級グルメ、いや名物である『やきとり弁当』を食うことにする。

ハセガワストア五稜郭店を訪問。

このハセガワストア、函館エリアでなんと14店舗も展開している。

地元ではハセストと言うらしい。

GLAYも大絶賛のハセストだ。

GLAYといえば、昔まだマニアックだった頃、ちっさいレコード屋でGLAYのTERUとTAKUROと握手したことを思い出すな~。○十年前の話。

さて、駐車場へ車を突っ込みお店へ。

お目当ての『やきとり弁当(大)』『やきとり弁当(小)』を購入。

蓋には、

【元祖やきとり弁当・秘伝のかくし味はこだてワイン】

の文字がある。

こだわりが感じられます。

北海道で焼き鳥と言うと、鶏肉ではなく豚肉を串に刺して焼いたものらしい。

海苔弁の上にやきとり串(豚串)が4本のっかっている。

小サイズは3本。

なんと弁当が詰まった容器の淵には、やきとり串を置いて、上蓋で一気に引き抜くための窪みがある。

ガッと串から引き抜き、ご飯の上に散らばしガッツク。

これが実に美味い!

柔らかい豚肉と葱が、香ばしいタレと絶妙にマッチしている。

場所移動のためちょっと冷めてから食べたがうまい。

お手軽な弁当とはいえ、侮れない逸品でした。

函館市五稜郭公園へのアクセス

住所 44

時間

5:00~19:00(4月~10月)

5:00~18:00(11月~3月)

函館奉行所

住所 北海道函館市五稜郭町44番3号

時間

9:00~18:00(4月~10月)

9:00~17:00(11月~3月)

電話 0138512864

函館市五稜郭観光駐車場

住所 北海道函館市五稜郭町27-7

時間 24時間営業

料金 200円(1時間まで) 30分毎に100円加算

ハセガワストア五稜郭店へのアクセス

住所 北海道函館市五稜郭町4-14

時間 6:00~24:00

駐車場 有

H  P 函館名物やきとり弁当~ハセガワストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »