登別温泉夢元さぎり湯の源泉100%かけ流し明礬泉と一号乙泉の交互入浴が絶品!

天下にその名を轟かす登別温泉!

世界中で11種類ある泉質のうち9つもの泉質を誇っている。

これは別府の10種に次ぐ泉質の豊富さ。

北海道の別府→北の別府→北別府とでも呼ぼうか…

倶多楽湖と大湯沼を見学し登別温泉街へ

そんな温泉パラダイスを目指し、室蘭街道から登別温泉通りに入る。

グイグイ坂道を走っていると、出ました~巨大赤鬼!

あいかわらずド迫力の歓迎っぷり。

実は今回で2回目の訪問なので、温泉の前にちょっと寄り道してみたい。

気になったのは、倶多楽湖(クッタラ湖)。

名前の響きと丸みのある形が何とも言えない。

中登別町の信号を右折し、観光道路へ入る。

道は細く傾斜もけっこうある。

薄暗いのでライトをオン。

幸い誰も走っていないのでズイズイ進む。

しばらくすると、倶多楽湖(くったら湖)が現れるが、生い茂る草木で全貌はよく見えない。

ひとまず駐車スペースに車を滑り込ませる。

人影は全くなく、営業していないボート屋さん?の建物がもの寂しい。

ガチャガチャに混んでるより断然いいけど。

湖畔に近づいてみるが、曇天青空少々と天候がイマイチ。

倶多楽湖(クッタラ湖)

摩周湖、支笏湖とトップレベルを争う透明感はよくわかりませんでした。

桟橋は立ち入り禁止の文字。

やる方なく撤収。

河童注意

来た道を引き返すのもつまらんので、観光道路を先に進んで温泉街に向かいます。

どんどこ進んでいくと、日和山(ひよりやま)展望台があったので、すかさず駐車場へ入る。

日和山展望台

車を降りるとかなりの硫黄臭が鼻をつく。

下には大湯沼がバッチリ拝める。

大湯沼

岩山の山肌からは噴煙がモクモクと立ち昇っている。

日和山噴煙

見物を終えて車を走らせていると、大湯沼駐車場の案内を発見し、フラフラと吸い寄せられる。

坂を下って駐車場に到着する前に、大湯沼がドドンと目に飛び込んでくる。

大湯沼

ほほほぅ、こいつは凄まじい!

硫化水素濃そうだなー。

荒涼とした風景が濃度の濃さを想像させる。

駐車場で料金を支払い車を降りると、

むおっ!
もの凄く強烈な硫黄臭が鼻に突き刺さる!

恐れ入りました。

絶景&高濃度は他では味わえないでしょう。

パチパチと記念写真を撮る。

大湯沼

大湯沼の足湯があるようだが、距離がありそうなので華麗にスルー。

大湯沼に別れを告げ観光道路に戻る。

しばらく走るとようやく登別の温泉街に到着。

第一滝本館の裏手が見えてきた。

初めて登別に来た時に宿泊した老舗旅館だ。

旅館といってもホテルのような大型旅館である。

入りきれないくらい沢山浴槽があり、楽しませてもらった記憶がある。

ちょいと調べてみたら、7つの源泉を使用していてその内5つは自家源泉。

なんとも贅沢なことですな~。(加水が少々残念)

第一滝本館と滝本インに挟まれた登別温泉通りを抜け、目指すは源泉100%かけ流しの夢元さぎり湯。

登別温泉で唯一の共同浴場です。

しばらく進むと左手に駐車場発見。

夢元さぎり湯

空きを見つけて、車を滑り込ませ受付へ。

館内は非常に綺麗。

券売機で入浴券を購入し受付完了。

大人420円という激安プライスが最高です。

無料、有料の休憩室も完備され文句なしでしょう。

わくわくしながら服を脱ぎ浴室へ入る。

右手に浴槽が3つ奥へと並んでいる。

かけ湯をして、一番手前の目の湯という明礬泉にドップリ浸かる。

登別では夢元さぎり湯でしか味わえない。

おおーう、ちょうど良い湯加減。

だいたい42℃~43℃くらい。

白濁したお湯がまた良い感じだ。

湯口近辺へジリジリと移動し、なるべく新鮮な湯を浴びようとするのが悲しい性。

十分に堪能したところで、真ん中にある硫黄泉の一号乙泉浴槽へ入る。

ぬふぅ~硫黄臭が感じられるガツンとした感覚。

温度は明礬泉と同程度。

ライオンだったか何か忘れたが、口からドボドボとお湯を吐き出している湯口。

近辺でしばらく浸かる。

バシバシ身体が温まってきて、ひとまず湯を上がる。

いやー強烈!

許されるなら大の字になって転がりたい。

体力不足もあるだろうが、かなり強烈な温泉だと思う。

気を取り直して、一番奥の浴槽へ浸かる。

こちらは少し温度が低い一号乙泉。

パンチは少し弱いような気がした。

明礬泉と一号乙泉を交互に入浴して大満足。

浴後は凄まじく体力を消耗。

駐車場で休むが一向に立ち直れません。

やはり登別温泉は効くなと実感。

中でも、夢元さぎり湯は登別温泉株式会社の直営とあって素晴らしい。

高温の源泉をタンクに貯めて温度を下げ、源泉そのままをかけ流している。

この会社、温泉街全体にお湯を供給する配湯会社なので納得です。

本日はこれにて限界!

ということで、さっさと今夜のお宿へ向かいます。

※お客さん多数のため写真は撮れませんでした。

温chanの温泉漫画録!

夢元さぎり湯

登別といえば、あの白濁した湯が印象的ですが、こんなに泉質があるなんて知りませんでした。

奥が深いよ登別!

適温だからといって調子に乗って長湯するとやられます…まっ白な灰になります。

一号乙泉も目の湯もかなりのハードパンチャーですが、こってり濃厚な一号乙泉が特にお気に入り♪

浴槽の隅に湯の華が豪快に沈殿していて、思わずすくって腕に塗ってしまった^^

ちなみに、ざわざわが言ってた「ライオンだったか何か忘れた」湯口、

あれ、鬼だと思いますよー。

ぐったりガツン系のいいお湯でした♨

夢元さぎり湯の泉質

一号乙泉

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

明礬泉

酸性・含硫黄-ナトリウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

夢元さぎり湯へのアクセス

住所 北海道登別市登別温泉町60

時間 7:00~21:00(11月~3月)

 7:00~22:00(4月~10月)

料金

 大人420円  子供180円

 一日券

 大人650円  子供300円

※シャンプー、タオル等は有料。持ち込みがおススメです。

電話 0143-84-2050

HP 夢元 さぎり湯

駐車場 有(無料)※道路を挟んで向かい側

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »