恵山温泉旅館は強酸性温泉が源泉100%かけ流し!ぬるめのお湯は夏に最高!

水無海浜温泉から恵山温泉旅館へ

渡島半島の南東部に位置する恵山は活火山。

次なる目的地はその名もズバリ恵山温泉旅館。

霊峰恵山から湧き出る恵みの湯、源泉100%かけ流しの強酸性の湯が目的です。

水無海浜温泉から恵山温泉行くには、ぐるりと迂回しなければいけない。

道道635号線を繋げて欲しいですね。

国道278号線(恵山国道)まで戻り恵山方面へ進む。

またまた道道635号線とコンニチハ。

海岸沿いの道をひた走り、恵山つつじ公園方面へと坂道を上っていく。

石田温泉の看板を見つけ、ふと横を見ると黄金色の巨大仏像が目に飛び込んできた。

デカっ!

興味を引かれるが、まずは温泉。

さらに坂道を進むと恵山温泉旅館に無事到着。

駐車場からは津軽海峡と下北半島が眺められる。

恵山温泉旅館駐車場恵山温泉旅館駐車場

玄関で日帰り入浴の料金を支払い浴場へ向かう。

浴室の扉に『石鹸は使用できません』の文字。

恵山温泉旅館男性脱衣所恵山温泉旅館注意書き

酸性度が高く石鹸が泡立たない為使用できないようだ。

強酸性の湯にワクワクしつつ浴室へ。

木製浴槽は強酸性の湯で満たされ、浴槽の外へ溢れ出している。

恵山温泉旅館男性浴槽恵山温泉旅館男性浴槽

少し褐色に色づいている様に見える。

かけ湯をして入湯。

40℃くらいのお湯はぬるめで熱い夏には快適!

肌が少しピリピリする。

窓からは庭の緑が眺められる。

湯口からは絶え間なく源泉が注がれている。

恵山温泉旅館男性浴槽湯口

舐めると酸っぱく鉄っぽい味を感じる。

桶にお湯をすくい、生乾臭のタオルを浸け置きしたら臭いが解消!

強力殺菌作用が凄まじい。

ph2.1(分析表ではph2.2)は伊達じゃない。

乾いたタオルは見事に薄茶色に色づいた。

シルバーのアクセサリーなどはイチコロでしょう。

ご用心。

お湯が目に入ったら悶絶必至。

油断して目に入ってしまったのですが、しばらく強烈に目が痛かった。

ご用心。

ぬるめといっても長湯をするとガツンときます!

適度な休憩を入れて入浴しましょう。

秋から冬にかけては泉温が低下するため加温するようです。

1月上旬から4月中旬は潔く休業。

やはり温かい時期がベストでしょう。

宿泊して思う存分楽しみたい素晴らしい温泉でした。

帰りがけに金色の観音像を見学。

何もない場所にドドンと佇む様は少し寂しげでした。

黄金の観音像

恵山温泉旅館の泉質

酸性・含鉄(Ⅱ)・アルミニウム-硫酸塩温泉(酸性低張性温泉)
(旧泉質名:酸性明ばん緑ばん泉)

恵山温泉旅館へのアクセス

住所 函館市柏野町117-150

時間 6:00~20:00

※宿泊者は24時間利用可能
※冬季1月上旬~4月中旬まで営業中止

料金

日帰り

大人(中学生以上)300円

子供(小学生)150円

幼児(小学生以下)無料

宿泊

素泊まり 5500円~

1泊2食付 8550円~

電話 0138852041

駐車場 有(無料)

HP 恵山温泉旅館公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »