川汲(かっくみ)温泉明林荘の極上アルカリ性単純泉を日帰り入浴で堪能

川汲温泉明林荘の入口がわかりにくいかも

しかべ間歇泉公園を出発し、国道278号線(恵山国道)を南下。

道道83号線(道道函館南茅部線)に入り、上り坂を真っすぐに進む。

しばらく行くと、道路左側に川汲温泉明林荘の駐車場を発見。

川汲温泉明林荘駐車場

すかさず駐車。

タオルと小銭を握りしめ、車を出て明林荘の入口に向かう。

川汲温泉明林荘駐車場看板(旧)川汲温泉明林荘入口(旧)

入口と思しきところには、パイロンが多数置かれてチェーンが張られ、同じく橋も拒絶感溢れるチェーンが張られている。

あれー、まさかもう営業してないのか?

と思い敷地内を凝視すると、『日帰り入浴→』の看板がある。

チェーンを跨いで橋を渡り、→方向に進むと旅館が現れる。

しかし、どうも営業している様子ではない。

漂う廃業感に不安を覚えつつ、先へ進むと湯小屋への入口を発見。

営業中の札もかかっている。

右手には橋があり、その先には道路上への階段がある。

コチラが正規の入口らしい。

どうやら完全に入口を間違っていたみたいです。

写真の看板の方向に向かわず、

駐車場→道路横断→道を下る→階段を下り橋を渡る→到着!

これが正解。

さてさて、さっそく入場。

番台があるが、一向に誰も出てこない。

仕方ないので料金を置いて入らせてもらう。

年季は入っているが、きちんと掃除され清潔感のある脱衣所です。

どうやらお客もいないようだ。

服を脱衣籠へ入れ、浴室の扉を開く。

目の前に転落防止の柵が設けられ、下をみると四角い浴槽がある。

階段を下りて浴場に到着。

7~8人サイズの四角い浴槽には、無色透明の源泉がとうとうと注がれている。

溢れ出しがないようだったが、どうやら女性浴槽とつながっている様子。

女性浴槽ではザコっと溢れ出しがあり、ダンゴ虫が流されないように必死だったとかなんとか。

かけ湯をして入湯!

適温のお湯が心地よい。

無臭で何の変哲もなさそうなお湯だが、つかっていると汗が噴き出してくる。

PH値は8.9、ラドンが0.576マッヘ。

分析表ではアルカリ性単純泉になっているが、大変パワフルな温泉です。

成分表には表れない何かを感じます。

大変良いお湯でした!

宿泊は廃業してしまったようだが、日帰り入浴は頑張って営業を続けて欲しい。

風呂から上がり表へ出て、橋の上から川を眺める。

川沿いは緑で埋め尽くされ大変美しい光景が広がっている。

しかも涼しくて気持ちがいい。

深呼吸なぞしていると、湯屋から喋り声が聞こえてくる。

女将さんと温chanらしい。

なにやら盛り上がっている様子。

また捕まったか・・・

いつもの事なので、橋の上で涼みながら待つとしよう。

温chanの温泉漫画録!

川汲温泉明林荘漫画

川汲温泉明林荘の泉質

アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)

川汲温泉明林荘へのアクセス

住所 北海道函館市川汲町2097

時間 6:30~21:00(無休)

料金 大人440円 小人140円 幼児70円

電話 0138253303

駐車場 有

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »