白老町ポロト温泉に立寄り入浴!絶品モール泉のかけ流しが最高!

丸駒温泉旅館を出発し、国道453号線(支笏湖通り)を戻る。

いつの間にか雲が消えて青空がのぞいている。

再び支笏湖とご対面。

この湖は日本最北の不凍湖で、透明度は日本最高レベルらしい。

ポロト温泉までの道程

駐車スペースに駐車して支笏湖をパチリと激写。ライダーさんも同じく写真を撮っている。

支笏湖

支笏湖

サラッと支笏湖見物を終え、一路白老町にあるポロト温泉へ。

ポロト湖畔にあり、源泉100%かけ流しのモール泉を味わえると評判の温泉です。

道道141号に入って室蘭街道をめざす。

ものの見事に誰も走ってない(゜o゜)

信号も全くないので、ボンヤリ走っているとスピードメーターを見て焦る!

慌ててアクセルを緩めスピードダウン。

『北海道の人は飛ばす』と知人が言っていたことを思い出した。

納得。

山道を延々と走り、ようやく室蘭本線と並走している室蘭街道に入る。

いやー見事に真っすぐ!

飽きるほどの直線!

日曜日で車は出ているが非常にスムーズ。

運転に飽きてきたころ目的地に到着!

ポロト温泉

丸駒温泉旅館の塩化物泉パワーで、顔が1.5倍くらいに伸びるほどの欠伸を連発(゚Д゚)

猛烈に眠いので、駐車場で10分ほど休憩してから館内へむかう。

駐車場はスカスカなのでゆったり入浴できそうだ。

受付を済ませて浴場に向かう。

ゆったりした脱衣所で服を脱ぎ浴室へ入る。

年配の先客が2、3人いらっしゃる。

長方形の浴槽にはモール泉がドンドコ投入されて黒っぽく底が見えない。

ちなみにモール泉とは、

モール泉とは正式な泉質名ではなく、太古の植物など有機物を起源とした成分が入った温泉の通称です。温泉の色が濃く、コーヒーやウーロン茶のような色をしています。

出展 温泉ソムリエテキスト

かけ湯をして入湯。

おほぅ、少々熱めのお湯が大変心地よい!43~44℃くらいだろうか。

湯に隠れて見えないが、浴槽壁側の投入口2か所から源泉が投入されている。

湯口付近でお湯を掬って嗅いでみる。

う~ん、森の中で森林浴をしているような良い香り!

銭湯料金で循環消毒加水加温が一切ないモール泉を味える近所の人が羨ましい。

大満足!

最高!

と思いながら欲張って長めに入浴。

湯を上がると、

汗だくだく、心臓どくどく、頭痛少々~。

若干の湯あたり気味。

凄まじいパワーを感じる。

着替えて脱衣所を出ると、猛烈な喉の渇きと眠気が襲ってくる。

自販機で買った水をゴキュゴキュと飲み干す。

横になりてーと思っていたら、どうやら休憩所があるようだ。

休憩所は畳敷きの和室で、よく見かける長机が2列に並ぶ。

窓からはポロト湖がよく見える。

先客は2名。どちら様も爆睡中のご様子。

起こさないように、しずしずと奥へ。

辛抱堪らず座布団を枕にして畳にゴロリと横になる。

すぐ横が喫煙所であるが、タバコを吸う気力もなく暫くダウン。

北海道の温泉恐るべし!

凄いぞポロト温泉!

本日2湯目でこのていたらくだ。

少し微睡んで動けるようになったところで表に出る。

ポロト湖

アイヌ民族博物館も見学したいが、時間が押してるのでスルーを決断。

またの機会に譲ろう。

ポロト温泉は銭湯価格でお安くモール泉に浸かれる大変ありがたい日帰り温泉施設でした。

ずっと残っていて欲しい温泉だ。

名残惜しいポロト温泉を後にして、次の温泉に向かいます。

※他のお客さんがいたので浴室の写真は撮れませんでした。

温chanの温泉漫画録!

モール泉に入るといつも、めんつゆの中に入ったうどんの玉になった気分になります(関東風ね)。

もしくはあれ、色合いから純露の紅茶味を想像しちゃう。美味しいやつ^^

なにやら注意書きがいろいろ貼ってあって、少々緊張気味のうどんの玉。

湯舟にはほとんど入らず、洗い場で黙々と、そして延々と洗い続ける地元の皆さま。

これって白老スタンダードなのか?(笑)

モールってなんとも言えないいい匂いがしますよね。

枯れ葉というかなんといか、秋っぽい匂い…わかりづらいか(^^;)

脱衣所で井戸端してた婆ちゃんたちが「こわいこわい(疲れた疲れた)」と言ってました。

こわいから浸かりにくる。こわさも吹き飛ぶ名湯ですよ、ほんと。

ポロト温泉の泉質

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)(旧泉質名:単純温泉)
(通称モール泉)

ポロト温泉分析表

ポロト温泉へのアクセス

住所 北海道白老郡白老町若草町2-2-4

時間 10:00~20:00(最終入館は19:30まで)

料金

大 人(中学生以上) 400円
小学生 300円
幼 児 無料

電話 0144-82-2355

駐車場 有(無料)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »