函館湯の川温泉の大盛湯は三段浴槽になっており上段の浴槽は激熱注意!

大盛湯は熱交換して源泉をかけ流す本格温泉銭湯

地元の温泉銭湯大盛湯。

『おおもりゆ』かと思ったが、どうやら『たいせいゆ』が正解。

銭湯と侮るなかれ、熱交換器で源泉温度を下げてのかけ流し温泉銭湯です。

大盛湯

受付で料金を支払い脱衣所へ移動。

鍵付きの木製のロッカーが備え付けられている。

隅に脱衣籠も重ねられている。

大盛湯脱衣所

注意書きだらけの扉を開けると、洗い場があり奥には三段に区切られた浴槽ある。

大盛湯三段浴槽

上段、中段、下段の各浴槽で温度に差がつけられているため、熱めの湯が苦手な人でも大丈夫。

上段に湯口があり下段へとお湯が流れるようになっている。

大盛湯三段浴槽

したがって上段が熱い。

激熱です。

大盛湯上段激熱浴槽

上段じゃないよってくらいの熱さ。

入湯を試みたんですが膝まで進入して飛び出す。

あっつぅ~激熱で入れん!

もう一度トライするが、やはり入れない。

こうなったら伝家の宝刀草津の時間湯方式を抜くしかあるまい。

かけ湯を頭から何十回もぶっかけ体を慣らす。

浴槽に飛び込むが、鬼熱湯に跳ね返され入湯ならず・・・うむ、刃こぼれじゃ。

しかたなく中段の浴槽に入湯。

大盛湯三段浴槽

中段でもなかなかに熱い。

しばらく中段浴槽で新鮮なお湯を楽しむ。

逆上せる前に下段へ移動。

大盛湯三段浴槽大盛湯三段浴槽溢れ出し

ここがまあ適温か。

いやはや、銭湯で素晴らしい温泉に入れるのはありがたいなぁ~!

さて、上段の湯と今一度お手合わせ願おう。

再び上段浴槽に近づき、かけ湯を何度もぶっかける。

イザ尋常に入湯!

うっへぇ~やはり激熱で跳ね返される。

残念ながら敗北。

次回の課題とします。

浴槽の仕切り上に加水用の蛇口があるが、

『あまりぬるくしないで下さい。蛇口の前に座らないで下さい。』の注意書きがある。

大盛湯注意書き

どうやら『ぬるい熱い紛争』がたまに勃発するようだ。

入口の扉にも、『熱いのが苦手な方は、向かって右手の浴槽に水を入れて入ってください。初めて入浴されるお客様もいらっしゃいますので、常連のお客様のご協力をお願いいたします。』とあった。

熱い湯好きであれば左手上段か真ん中中段。

苦手であれば右手下段。

ということでよろしくお願いします。

小奇麗で清潔、かつ温泉も一級品。

残念だったのは、全体的に注意書きが多いことです。

大盛湯注意書き

一から十まで注意しないといけないとは。

言われなくても想像がつきそうなものですがね。

風呂上がりに受付でアイスを購入。

茹で上がった体を中から冷やす。

アイスまいうー。

大盛湯の泉質

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

大盛湯へのアクセス

住所 北海道函館市湯川町2-18-23

時間 6:30~21:30(第1・3・5水曜日定休)

料金 大人440円 小学生140円 幼児70円

電話 0138576205

駐車場 有(無料)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »