鹿部温泉公衆浴場亀の湯と道の駅しかべ間歇泉公園を満喫

うるおいの湯郷(ユートピア)を標榜する北海道茅部郡鹿部町をめざす。

鹿部温泉を堪能し、しかべの間歇泉も見学しようという計画。

鹿部温泉公衆浴場亀の湯

国道5号線(大沼国道)を南下していると、駒ヶ岳の美しい姿が目に入る。

北海道駒ヶ岳北海道駒ヶ岳

国道278号線(恵山国道)へ入り、秀峰北海道駒ヶ岳の北側を海沿いに走っていく。

駒ヶ岳はバリバリの活火山。

荒々しい活火山の近辺には、やはり良い温泉が湧くようです。

鹿部温泉

寛文6(1666)年、津軽(現・青森県)から訪れた伊藤源五郎は、温泉で傷を癒す一頭の鹿に遭遇します。そこで鹿島明神信仰者の源五郎はここに温泉場を設置、やがて鹿部の湯は多くの人々に知られることになりました。これが鹿部温泉の由来といわれています。

出展:鹿部温泉観光協会

鹿も癒される鹿部温泉で気になったのは、源泉100%かけ流しの温泉旅館こにし。

参考にした温泉本の情報では日帰り入浴不可。

(後日調べたところ、温泉旅館こにしは日帰り入浴可能です。男女共用のため要予約で12:00~20:00までOK!)

というわけで、鹿部温泉の公衆浴場亀の湯に行くことにした。

亀の湯は、源泉温度が90℃と高いため熱交換で温度を下げて加水し新湯を足す、という湯使い。

加水のようだが、なかなか期待できそうです。

鹿部漁港が見えてきて、このあたりのはずだと思ったら右側に亀の湯を発見!

あっさり行き過ぎて、しかべ間歇泉公園でUターン。

道路を挟んで向かい側にある亀の湯の駐車場。

(14~15台くらいは止められそうなスペースがある。)

駐車場はある、確かにあるんですよ。

しかし、この時は何故か気づかずに駐車場所に悩む。

すると、鹿部漁港の前に『道の駅しかべ間欠泉公園臨時駐車場』を発見。

道の駅しかべ間歇泉公園臨時駐車場

しかべ間歇泉公園も後ほど訪問するので駐車させてもらう。

さて、右往左往して亀の湯に到着。

地域の銭湯といった佇まい。

中に入ると番台があるが誰もいない。

入っていいものか躊躇したが、とりあえず番台に料金をおいて中に入る。

鹿部温泉公衆浴場亀の湯男性脱衣所

お客もおらず貸切状態で楽しめそうだ。

女湯の方から声がして女将さんが登場。

料金を回収していったようだ。

綺麗に清掃された脱衣所にはレトロな体重計がある。

壁には区切られた棚があり、中には脱衣籠が置いてある。

貴重品入れはないので、金銭は持ち込まないが吉かも。

扉を開いて浴室へ入ると、7~8人は入れそうな四角い浴槽が鎮座。

鹿部温泉公衆浴場亀の湯男性浴槽

析出物が付着した湯だめから源泉が注がれている。

鹿部温泉公衆浴場亀の湯男性浴室湯貯め

壁際にはカラン。

ゆとりのあるつくりなので、洗髪や洗体汁が浴槽に飛んでくることはめったにないでしょう。

かけ湯をして浴槽に身を沈める。

無色透明で熱めの湯が体に沁みわたり大変気持ちいい。

降り注ぐ日差しで浴室は明るく気分が良くなってくる。

真昼間から殿様状態で入る風呂は最高だ。

ひとしきり堪能して〆る。

大変あたたまるお湯で湯上り後は汗がなかなか引かない。

鹿部温泉を気軽に堪能でき大満足でした。

温chanの温泉漫画録!

鹿部温泉公衆浴場亀の湯&しかべ間歇泉漫画

鹿部温泉亀の湯の泉質

ナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)

鹿部温泉公衆浴場亀の湯温泉分析表

鹿部温泉亀の湯へのアクセス

住所 北海道茅部郡鹿部町鹿部30-10

時間 6:00~20:00(水曜定休、祝日の場合は営業)

電話 0137272300

料金 大人440円 小人140円 幼児70円

駐車場 有(無料)※道路を挟んで向かい側

道の駅しかべ間歇泉公園を見学

満足したところで、しかべ間歇泉公園を見学に向かう。

亀の湯からは徒歩でもすぐ。

2016年3月18日に道の駅しかべ間歇泉公園として堂々リニューアルされたようだ。

間歇泉や足湯に加え、物産館、蒸し釜、バーベキューコーナーが新たにお目見え。

なるほど~気合い入ってます。

間歇泉を見学して、地元の美味いものまで頂けるのは有り難いですね。

駐車場から物産館に入ると、お土産や鮮魚、総菜などが並んでいる。

イートインスペースのある食堂もある。

物産館内はラップ調の鹿部町Songがかけ流し。

そして間歇泉公園への入場口と受付が見える。

料金を支払い入場。

約10分間隔で噴出するらしい。

間歇泉の説明書きなどを眺めていたら、噴き出したらしく歓声が聞こえてくる。

急いで見える位置に行くが、あっさり見逃す。

仕方なく次を待つ。

間歇泉広場には足湯があり、つかりながら見学できそう。

しかし、混み合っているので隅で待つ。

10分ほど待っていると、

きたぁ~!

ぶしゅ、ぶしゅ、ぶしゃー!

ぶっしゅぶしゅに噴き上げてます。

しかべ間歇泉

100℃くらいの温泉が噴き上がる様は圧巻。

満足満足。

見学を終え表に出る。

駐車場の奥には『温泉蒸し処』と『バーベキュー処』があり、物産館で購入した食材を調理して味わえるようになっている。

温泉蒸し処では、温泉蒸し釜で食材を蒸して食べられる。

別府の地獄釜を彷彿とさせますね。

こいつはうまそうだ。

次回は是非使ってみたいものです。

道の駅しかべ間歇泉公園へのアクセス

住所 北海道茅部郡鹿部町鹿部18-1

時間

8:30~18:00(4月~9月)
9:00~17:00(10月~3月)

入園料 大人300円 子供(小・中学生)200円

休園日

10月~3月の第4月曜日(祝日が月曜日にあたる時は、翌々日)
年末年始(12月31日~翌年1月5日まで)

駐車場 有(無料)

臨時駐車場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate »